投資を安全な副業にするための必須条件

私が営んでいる副業は金融投資です。金融投資というと大きく稼ぐ可能性がある一方で、損失を被ってしまう可能性もあるものですから、これを副業と呼ぶのに抵抗感を持たれる方もいるかもしれません。利益がマイナスになりうる投資を副業と呼ぶべきではないということです。しかし、ここには大きな誤解があると思います。投資は一般に思われているよりずっと安全な副業です。しっかりとルールを定めて運用すれば、投資は安全な副業になりうるのです。

金融投資は余剰資金で行うべきものです。資産のすべてをつぎ込むような投資であれば、それは副業というよりギャンブルと呼ぶにふさわしいものでしょう。勝つか負けるかが運命を分けるというような大勝負をしてはならないのです。負ければ一大事というような金額を投資してしまっては、そうそう簡単に負けを確定することもできず、ずるずると逆流に飲み込まれ、やがては損失が最大限まで膨らみかねません。しかし、負けても生活にさして影響がないような余剰資金だけを投資するならば、相場が自分のポジションと逆行した場合であっても、すんなりと損失を確定することができます。余剰資金だからこそ持ちうる心のゆとりというものがあるのです。この心持ちがあるかぎりは、投資は安全な副業です。投資を安全な副業とするためには、負けることもあるという前提を受け入れ、自分に無理ない資金で投資するのが必須条件です。

負けてもいい。こう思うだけで、投資の成績は随分とよくなります。相場に柔軟に対応できるようになるからです。そのためにも、投資に費やす資金は余剰資金にとどめておきましょう。生活費や将来への貯えを投資につぎ込んではなりません。それとは別に資金を用意するのです。その金額は人それぞれでしょうが、自分に身の丈の合った資金で営めば、投資はちゃんと安全な副業になってくれるはずです。私は余剰資金10万円から投資を始めましたが、このくらいの金額だと気楽に運用できるものですから、それを功を奏して、今や100万円まで利益が伸びました。投資とはこんな心持ちで向かえば安全な副業になりうるものだということを是非とも知っておいて下さい。

SNSでもご購読できます。