齋木孔明のフィーバープロジェクトってそんなに簡単なの?

2018年8月10日

トップ画

2タップでイイの??齋木孔明のフィーバープロジェクトで日給8万円?

“スマホをポチッと2タップで誰もが日給8万円
何をやってもカネが儲かる
どう転んでも稼げてしまう
絶頂バブルがあなたに再来!!”

と書いてあります。

本当にそんなことあるのでしょうか?

最近スマホを使ったビジネスが人気です。今ではスマホの普及率は約73%と言われています。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc262110.html から引用。

ほとんどの人が使っているスマホで副業が出来ればいつでもどこでも仕事が出来ます。
自宅での作業も可能なので長年主婦の間は人気が高いです。

今回は齋木孔明のフィーバープロジェクトを調べていきたいと思います。

齋木孔明のフィーバープロジェクト

どう転んでも稼げてしまう・・
これは気になりますよね!
さっそく観ていきましょう!!

特定商取引に基づく表記

販売会社
合同会社VidaCreation

販売責任者
齋木孔明

所在地
東京都渋谷区渋谷1-19-18

メールアドレス
info@fever-japan.com

URL
http://fever-japan.info/project/

※http://fever-japan.info/project/から引用

電話番号は記載されていませんでした。
加えて住所も観てみましたが、高級マンションのようでビルにオフィスを構えているわけでは無いようですね。加えてビジネスモデルに関する記載もありませんでした。

特定商取引に関する表記を見た方の中で合同会社VidaCreationという会社に見覚えがある方もいるのではないでしょうか?
実は合同会社VidaCreationという会社は以前、押尾学氏が広告塔になっていた情報商材を取り扱っていました。

ビジネスモデルはFXのようです。
そのバックエンドとして自動ツールの販売もあったようです。

話が長くなるので今回詳しく紹介する事は控えます。

今回のオファーもそんな合同会社VidaCreationから出ているものです。
無料のオファーでは簡単、楽、すぐ、誰でもといった表現が多く使われている傾向にあると感じています。齋木孔明のフィーバープロジェクトも「どう転んでも稼げてしまう」

「絶頂バブルがあなたに再来!!」など誇大広告に感じてしまうような言葉を使って情報弱者を取り込もうとしている節があるのではないでしょうか?

プレミアム会員

齋木孔明のフィーバープロジェクトでは1日5分、日給8万円と書かれていますのでFXやバイナリーなどの案件だと予想できます。

FXかバイナリーの場合はシグナルかアラームタイプのツールで取引タイミングを知らさせてくれます。今回の場合は簡単、誰でも出来ると言っている点から考えるとバイナリーオプションである可能性が高いです。

バイナリーオプションって何なの?

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションは「ハイ・ロー」などと呼ばれる事も多く、価値が上昇するか下降するかを予測します。どちらかに投資します。
もし投資が成功すればその分の差額が発生する事が出来るので短時間でも収入を得ることは可能です。

しかし、そんな単純な話では無いです。
バイナリーオプションは負ける人がいるからこそ勝つ人もいます。

どう転んでも稼げてしまうというフィーバープロジェクトをみんながやればそのバランスが崩れます。
バイナリーオプションは勝ちが多ければ結果がリセットされる場合もあります。

そもそもビジネスにおいて100%稼げるとか、誰でも簡単に稼げるなんて話は無いと考えて良いです。
バイナリーオプションの変動は人間が引き起こすモノなので決まったパターンや流れと言うものはありません。

そもそも見ず知らずの人間が作ったツールを信用しろという方が無理な話です。
齋木孔明と言う人物が世間に認められるような結果を残していれば話は別ですが、そう言うわけでも無いです。しかも、最近では人工知能が学習して稼ぐなんて話もあります。

そのような技術は今はまだ無いですし、そんなツールが発売されればなりゆかなくなるビジネスも出てくるでしょう。また、私たちが購入できる金額で取引されるのもおかしな話です。
お金持ちがいくら出しても欲しいでしょうからね。

基本的にこの手情報商材では自動ツールを購入させて高額塾で使い方を教えたり、追加のプログラムを進めてくる場合が多いです。
その後の展開が気になるところです。

齋木孔明のフィーバープロジェクトはお勧めできない!

今回は齋木孔明のフィーバープロジェクトについて調べてみましたが、おそらくバイナリーオプションの案件でしょうね。

特定商取引に基づく表記

特定商取引に基づく表記には表現及び商品に関する注意書きで「本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」とはっきり書いてあります。
あれだけ大きな事を言っておきながら保障もしてくれないのでやる価値は無いでしょう。