坂本よしたかのチェンジ・ザ・ワールドは危険!甘い言葉に騙されるな!

坂本よしたかのチェンジ・ザ・ワールドは危険!甘い言葉に騙されるな!

暴露の鬼ことサイト作成者のマキノです。

最近、仕事の出先などで駅前に行くと世界の恵まれない子供たちのために募金をお願いしますと声を上げる少年少女や、大病を患った子供の心臓移植費用を稼ぐために募金を呼び掛けている人などをよく見かけます。

人の善意に訴えて、誰かを救おうとする気持ちは本当に尊いものです。勿論私も募金には少ないなりに協力するよう心がけています。

しかし、世の中には人の善意を食い物にして募金されたお金を懐に入れてしまう悪人も居ます。最近少し話題になりましたが、繁華街や大きな駅に行くと外国人に話しかけ、小さくて見難いプラカードを見せられた経験はありませんか?

主にフィリピン人なんですが、実はこれ恵まれない子供たちの為に活動をしているボランティアではありません。日本人の良心につけ込んだ「たかり」です。

非常に悲しい事ですよね。こんな世界が変わればいいのにと思いつつ、いつものようにネットサーフィンをしていると胡散臭い情報商材を見つけてしまったので紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは坂本よしたかの「チェンジ・ザ・ワールド」です。

坂本よしたかのチェンジ・ザ・ワールドとは?

チェンジ・ザ・ワールド

まず最初に今回ご紹介する坂本よしたかの「チェンジ・ザ・ワールド」の概要から触れていきたいと思います。

【フィリピン政府公認】この世界から貧困を無くすチャリティー財団に”所属するだけ”で毎年1000万円のメンバー報酬が国から支払われます。あなたもフィリピン政府から感謝されながらチャリティーメンバーとして報酬を受け取り続けませんか?

最初から何を言ってるのか分かりません。
フィリピン政府もチャリティー財団に所属する人間に毎年1000万円渡すくらいなら、1000万円を使ってフィリピンの生活水準をあげる努力をした方が遥かに効果的です。

この他にも誇大広告は続きます。「富のシェア」や「誰もが120%資産を増やせる」など夢のような内容を語り続けた上でビジネス内容に関しては全く説明がありません。

広告や動画の内容からも明らかに情報弱者を狙っているのが丸分かりです。

そしてチャリティー財団に所属するだけど言われていた説明が、回を重ねるごとに段々と変わっていきます。

チェンジ・ザ・ワールドの実情は違う

このチェンジ・ザ・ワールド自体はただの無料オファーですが、参加すると次にShare(この時点でS Change The Worldと言う案件に変更)というサイトを利用するように言われます。

チェンジ・ザ・ワールド
http://archive.is/7qhiW

このサイトには転売せどりで必ず売れる商品が販売されており、ここで仕入れれば勝手に商品が転売され、転売した商品が売れれば口座にお金が入ると言う仕組みのようです。

実際に商品は販売されていたようですが、販売数が非常に少なく、変えた人は少数派といった状態のようでした。

このサイトの利用料は、6ヶ月限定使用プランが5万円、一生涯使用プランが10万円です

ここまでならこれまでの高額塾系の情報商材よりかは、まだマシです。

しかしここで止まらないのが一人で何回も怪しい案件を出している情報商材屋です。

チェンジ・ザ・ワールド
http://archive.is/eINOm

なんとShare参加者にビリオネアワールドという50万円の別案件を吹っかけてきました!

最初の動画で30万50万100万の高額塾はやらないって言っていたのに!

内容は坂本よしたかから最大500万円の資金援助を受けられると言うもののようです。

全国でセミナーを開催したり、参加者限定懇親会なんかもあるようです。色々と書かれていますが要はVIP用のshareを作ったから金払え!と言う事ですね。

チェンジ・ザ・ワールド
http://archive.is/DrW0E

もう流石にこれ以上ないだろうと思ったら追撃が来ました。

次はS伝承プログラムです。内容は最大500万の資金援助ではなく、毎月500万円の資金援助が約束されると言うモノのようです。また坂本よしたかのノウハウが詰まったパソコンの提供や鳥居の裏に名前を刻む権利、坂本よしたかさんの自宅に自由に出入りできる権利も付くそうです!

このS伝承プログラムのお値段は何と100万円!いいかげんにしろ!

実際に参加してしまった人の中には支払いが滞り、ヤ〇ザ紛いの債権回収屋に脅迫された人もいたようです。フィリピンはどこに行った?

坂本よしたかは悪質な情報商材屋コミュニティの一人

そもそも坂本よしたかは与沢翼の本に出会い、生の話を聞いた事で人生観が大きく変わったとご自身のサイトのプロフィールで語っています。

つまり与沢翼の弟子です。
坂本よしたかは過去にも様々な案件を出してしますが、その殆どが大炎上し被害者の会を出している情報商材詐欺の常習犯なんです。

amazonでも自身の著書を販売していますがそのレビューは散々なモノです。
☆1と☆5がこんなにキッチリ分かれる商品なんてあるのでしょうか?☆5は間違いなく工作されたレビューです。レビュー操作を平気でするような男と言う事です。

アマゾンレビュー

先ほどの動画を見て頂ければわかるかと思いますが、坂本よしたかと今回対談している土屋ひろしや坂本まりも悪質な情報商材屋です。

土屋ひろしと言えば与沢翼と並ぶ悪名高いネオヒルズ族の一人です。

動画内で「セールスレターが非常に多い、最終的に高額塾に入ってくださいという悪質なプロモーションが多い。そういう販売者はアホかと思う。」というような話をしているのですが、言いたい事は一つだけです。

お前らが言うな

またノアコインで大炎上した泉忠司と交流があったり、情報商材の女王、蝶乃舞と対談していたりと情報商材屋とズブズブな事が分かります。

坂本よしたかが出す案件には警戒が必要

最初はフィリピンの貧しい子供達を救うはずが気付いたら、160万近くお金を巻き上げられる商材になっていました。

坂本よしたかという名前を聞いただけで、その情報商材の価値は0になると言っても過言ではありません。

マキノ判定

当サイトではチェンジ・ザ・ワールドは・・・・・・

ウソだらけの悪質商材と断定します!

チェンジ・ザ・ワールドだけでなく坂本よしたかが関わった案件に手を出してはいけません。

以上、マキノでした。

1 thought on “坂本よしたかのチェンジ・ザ・ワールドは危険!甘い言葉に騙されるな!

Leave a Comment